Hardcore Punk Melodic Emo Post rock Independent record shop from Okayama
ホームhip hop, club KILLA EAT / DMF presents Can’t BAN DA Killa Eat (cd) Dawg mafia family
商品詳細

KILLA EAT / DMF presents Can’t BAN DA Killa Eat (cd) Dawg mafia family

販売価格: 2,700円 (税込)
数量:
DMFのライヴでも異様な存在感を見せつけている、氷山の一角に陣取る氷山の一角に陣取るイエティ、青森麿物「EAT」が「KILLA EAT」として遂にアルバムをリリース。

DMFのライヴでも異様な存在感を見せつけている、氷山の一角に陣取るイエティ、青森麿物「EAT」が「KILLA EAT」として遂にアルバムをリリース。捻りに捻りを加えまくって生まれたサイケデリアの罠。DMF TRAPと称される一線を超えたクールネスとヒートの同居するトラップの上で繰り広げられるKILLA EATの笑いと恐怖に満ちたワードレスリング。
今作品にはDMFのメンバーはもちろん、旧交を燃やし続けているONE-LAW、DOPEY、そしてBLYYが参加。BEDをはじめ様々なステージで共に動く、BES、仙人掌、ERA、J.COLUMBUSも参加。新鋭プロデューサーface offのトラックにも注目したい。



1. can’t ban da killa eat intro. / BES
2. 雪山 mafia / killa eat
3. piston / killa eat feat BLYY
4. 狼 child / killa eat
5. Requiem / killa Eat
6. more & more / killa eat feat J.COLUMBUS & ERA
7. money gramz / killa eat feat 仙人掌 & knzz
8. savage language / DMF ( killa eat, knzz, a-thug )
9. PKG. pv version / DMF ( killa eat, knzz, a-thug )
10. The deep sea. / killa eat




KILLA EAT :
00年18歳で上京、興味本位からクルーを組みラップを始めるものの、当時の仲間はそれぞれの事情でヒップホップから離れクルーも自然消滅。その後、同郷青森ながら東京を拠点に活動するクルーNSPに参加、都内各所でライヴやイベント運営などマイペースに続ける。06年頃より親交のあったBLYYの主催するイベントにレギュラー出演を重ねるものの、07~10年突如失踪し姿を消し音楽と距離を置いた生活を送る。11年帰還後、BLYYも活動拠点としていた池袋BEDに出入りするようになるに準じてソロマイカーとしての音楽活動も再開、ベッドにて自身のイベントSKYを主催。13年自主レーベルMymy Me So(マイマイミーソー)を設立。 ファーストアルバム「THE EAT」をリリース。WDsounds「5014 MOST WANTED」への参加やDOPEYとの「猛虎村乃唯一無二乃首領」のリリース。DMFのメンバーとしても異様な存在感を見せつけている。バーも経営しているらしい。