Hardcore Punk Melodic Emo Post rock Independent record shop from Okayama
ホームjapanese altanative, psychedelic, rock, pop, acid folk...ビイドロ / くじらの半回転 (7ep) ExT Recordings
商品詳細

ビイドロ / くじらの半回転 (7ep) ExT Recordings

販売価格: 1,260円 (税込)
ずれっぱなしの世の中にずれっぱなしの名盤を。

2010年10月に活動休止を宣言、その2か月後の12月にラストライブを行った"ビイドロ"、ラストライブ後から活動最後までライブで練り上げていた楽曲を中心にアルバム『またあしたね』への制作を開始、そして約2年とゆう時を経て2013年春遂にアルバム『またあしたね』をリリース。
今作はその『またあしたね』に収録されている人気曲「くじらの半回転」と「夜の太陽」の2曲を限定7インチアナログ盤でシングルカットした作品!リリースはDE DE MOUSEやCHERRYBOY FUNCTIONを輩出したExT Recordingsから!
00年代、東京のライブハウスを中心に独自のポップセンスを散撒き続け、ちょっとエモくて、ちょっと繊細で、ちょっとユーモラスなサウンドを展開、僕らの毎日とはほんの少しだけ違った世界を描く。全2曲入り。


■永田一直氏(ExT Recordings/和ラダイスガラージ)コメント■
月曜の夜は出歩かない。何故かというと目当ての深夜ラジオがあるからだ。
いつものようにパーソナリティーの下衆でアナーキーな喋りの後にかかる、トークと は全く無縁なメジャーレコード会社の売り込むJ-POPがかかる…が、しかし、その日は違った。
西ドイツのNEUのようなハンマービートに、轟音ギター。 訳の分からない歌詞。
くじら〜 とか、コーラスでカムチャッカ!とか歌ってる。
「何だこれは!?」半分寝ていた意識がどんどん覚めていく。
曲明けで、パーソナリティーが曲紹介するのを絶 対聴き逃すものかと、神経を集中する。
「えー。ビイドロで、くじらの半回転」
よし!すかさず検索。どうやらメジャーレコード会社のバンドでは無いようだ。
その曲もまだこれからリリースのようだ。珍しく、ツイッターの自分のやってるパーティーのアカウントに、その興奮を書いた。
そうしたら、エゴサーチをしていたメンバーから返信が。
どうやら、俺の事を知っているようだ。しばらくしてアルバムの音源が送られてきた。
現代の日本語詞にはそうそう感じない俺に突き刺さる歌詞と、ソリッドでオルタナなスリーピースの演奏、そしてやたらと発振するエコーのフィードバック。
これは只事じゃないぞ。聴けば聴く程増す深みと 発見。
終いには、嗚咽するくらい泣いてしまう事もあった。
活動休止の中あった唯一のライブも新宿ロフトに観に行った。もう、普通にファンになっていた。
こんなのキリンジ以来だ。ゴールデンウィークにやった、自分のDJツアーではどの会場でも自然にプレイしていた。
明け方にかける「夜の太陽」のハマり具合。 いつもの癖で、この曲のアナログ盤があればいいのにと思うようになった。
という事で、ビイドロの7インチアナログ盤を出させてもらう事になりました。
皆様、よろしくお願いいたします。

13/08/11