Hardcore Punk Melodic Emo Post rock Independent record shop from Okayama
ホームjapanese new school、nyhc、metalcoreNO REDEEMING SOCIAL VALUE, NUMB, SECONDARMS, STILL YOU ALIVE、STARTER / speak easy 5 way split (cd) Juke boxxx
商品詳細

NO REDEEMING SOCIAL VALUE, NUMB, SECONDARMS, STILL YOU ALIVE、STARTER / speak easy 5 way split (cd) Juke boxxx

販売価格: 2,160円 (税込)
数量:
再入荷!

名古屋のJuke boxxxからの新作はJuke boxxxのオーナーであるカズキさんがただ面白い5-wayをリリースしたいと計画!「ALCOHOL NEVER DIE = お酒は裏切らない」をテーマとしてUSはNew YorkよりパーティーハードコアバンドNO REDEEMING SOCIAL VALUE、日本から東京のNUMB、横須賀のSECONDARMS、岐阜のSTILL YOU ALIVE、そして福岡からSTARTERとゆう強力な5バンドが集結!各バンド2曲ずつ(NRSVは2曲とゆう話なのに3曲送ってきたらしい、笑)の気合い入りまくりの渾身の楽曲を披露した11曲入りの5way splitアルバム!
まずはやはり福岡のSTARTERがバンド名通りしょっぱなに登場!岡山にも来てもらったことあるし、全国各地にあらゆる種類の酒を片手に神出鬼没、そしてライブパフォーマンスもさる事ながら、その飲みっぷりや痴態で各地で話題に、笑まず、しょっぱなのアコースティックな感じに驚かされるつつも、前作cdとなる「DISCOGRAPHY」よりも、より遊び心抜群、シンガロングもガンガン組み込みながら、わくわく、うきうきするような、まじではちゃめちゃでキャッチーなパーティー感ありすぎのBeer or dieなアツくなれるハードコアな楽曲を収録!
ちなみにギターには福岡オールドスクールハードコアFRIENDS FOREVERのヨコさんが在籍、個人的にはヨコさんっぽいなーてとこも随所に感じさせる音であがります!
お次は横須賀の SECONDARMS!SECONDARMSも岡山でのライブ経験あり!これまでにコンピやsplit、そしてAlliance traxから単独シングルを1枚リリース、現在ドラムにはNUMB/ETERNAL BのSENTA氏が在籍!FIRST BLOOD来日ツアーに同行するなどビートダウンファンにはもうお馴染みなバンドだとは思いますが、やはりSECONDARMSやばいす!
イケイケ、メタリックに攻め立てながら、ここぞ!てとこでズンズンズン!と押し寄せる暴動ビートダウンパート、、、暴虐サウンドの奥に潜むドラマティカルさも感じさせる、より深化を遂げたSECONDARMS式ビートダウンハードコアで最高です!
そしてNYのNO REDEEMING SOCIAL VALUE!2010年6月再来日直前!!!に届けられた3曲を披露!相変わらずのイケイケ、ノリノリ、はちゃめちゃなパーティードリンキングメタリック NYHCサウンドで最高にノリノリ、ハッピーになれます!
1stアルバム「NOMADS」も大絶賛発売中の岐阜は可児のSTILL YOU ALIVE!DEVICE CHANGEが切り開いた可児CITY HARDOCOREの魂を受け継ぐ熱き酔っ払いバンドSTILL YOU ALIVE!
今作収録曲も完全に男臭さ、泥臭さ、酒臭さ満点な猛烈にアツすぎる楽曲を披露!一本ぶっとい、男!て感じの筋の通ったメロディアスさも搭載し、独特なキャッチー具合も感じさせながら、やっぱりロッキンに荒々しく荒れ狂う感じもありありに、拳握りしめガチ上げなシンガロングパートも組み込んだ最高のOi/スキンヘッズパーティーハードコア!
そして最後に東京のNYHCスタイル/NEW SCHOOLシーンを引っ張り続ける重鎮NUMB!コンピ参加やNUMB本(CD-R付属)のリリース以来、かなりの久々な音源とも言える2曲を収録、5 曲目収録の"Boyz N The Hood 813!!!"、この曲には東京ハードコアROCKCRIMAZのボーカル、そして東京アンダーグラウンドHIPHOPグループMEDULLAのラッパーでもあるILL-TEE氏をがっつりフューチャリング!
ドドーンと幕を開けつつ、SENTA氏とILL-TEE氏のツインボーカルスタイルで展開、「TOKYO TOKYO BIG CITY OF DREAM」てゆうとこで激あがりシンガロング確実!こいつはやべー!そして途中イケイケなパートにILL-TEE氏のラップを搭載、そして悶絶のビートダウンパートへ、、、まさにTOKYO HARDCORE ANTHEMと言える素晴らしい仕上がり!
もう1曲の方もこれまでのNUMB節も勿論ありながらも、ダークな雰囲気を感じさせる楽曲でまた新たなNUMBの世界観を感じさせます、やはり最後は必殺のビートダウンに殺されます、、、
全 11曲入りでジャケはEspy氏とCasper氏によるやばいタッグで制作、開いてドカーンのナイスジャケになってます!全NYHC、パーティー、酒好きに捧げる最強の一枚!大推薦過ぎ!






他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)