Hardcore Punk Melodic Emo Post rock Independent record shop from Okayama
ホームjapanese thrash, fast, 80's styleLOW VISION / Live in best time (Lp) Hardcore survives
商品詳細

LOW VISION / Live in best time (Lp) Hardcore survives

販売価格: 2,200円 (税込)
数量:
再入荷!!!


****通常盤

東京産ハードコア!LOW VISIONが2013年にWDsoundsよりリリースした大傑作アルバム"Live in best time"がHardcore survivesより待望のアナログ化!!!250枚プレス!そのうちの180枚の通常盤!


2002年、東京で結成。もともと7SECONDS、MINOR THREAT、YOUTH OF TODAY、GORILLA BISCUITSといったUSHCとVIVISICKやDEATH SIDE、LIP CREAM、BASTARD、NUKEY PIKESなどのJAPANESE HCの要素をミックスしたバンドにしたいとスタートした。
その後、現在までにJUSTICE、PUNCH、TRUE COLORS、GLOOM、SDS、WHN?、DS-13、VIOLENT REACTION、THE FLEX、MINDSET、COKE BUST、FREEDOM、RIVAL MOBなどがFAVORITEとして追加され、サウンドスタイルにも影響を与えている。
CAPITALIST CASUALTIES、PUNCH、WEEKEND NACHOS、FULL OF HELL、STRAIGHT ANSWER、IRON LUNG、SOUL SEARCH、CONQUEST FOR DEATH、ON BODIESなどのジャパンツアーで競演。
2008年にUS THRASHの名門625より「TOUCH THE TRUTH」 (7inch)をリリース。
翌2009年にWD SOUNDSよりmini album「DECLARE」 (CD)をリリース。ジャケットはSPOILER (ex.JUSTICE)によるもの。
2013年同レーベルより1st album「LIVE IN BEST TIME」 (CD)をリリース。




以下cdリリース時のコメントになります。

LVDS Tokyo justice side Hardcore 2013.
LOW VISION live in best time...

"Tokyo justice side Hardcore"を掲げるLOW VISIONより2013年作、待望の1stフルアルバムが到着!前作『Declare』と同じく東京WDsoundsからのリリースとなります。
2003年に結成、現在はオリジナルメンバーであるVocal/岡村氏とGuitar/178氏にBassにはUNARM、COSMIC NEUROSE、TOLSUXのGoat氏、DrumにCxPxS、ELEKTRO HUMANGEL、DxIxEの吉野氏とゆう編成で活動中、現メンバーでの初の正式音源となります。
前作から更なる深みをました"Tokyo justice side Hardcore"ここにある、何が"justice"であるのかはこの作品と彼らのライブを見ていただければわかると思う。
Youthcrew、US/Euro Hardcore、Japanese Hardcore、Hiphopからの影響を独自のフィルターを通し、それを一切の"ブレ"なく一気に駆け抜けさせる、異様なテンションを持ちながらも、随所に感じさせるキャッチーさ、Pure Hardcoreでありながらも"Pop"でさえもある、
ひとつ言えるのは"猛烈"であるってこと、そこから滲み出る"justice"さ、そして東京とゆう街だからこそ生まれたとしかいいようのない、まさに"Tokyo justice side Hardcore"とゆう言葉がしっくりはまってしまうHardcoreだと思う。
いつも通り意味の解らないコメントになってしまったと思いますが、これを聴けば『Tokyo justice side Hardcoreすね、、、』て言葉が必然的に出てくるはずです。
名門Less than TVからリリースされていたANGEL O.Dとのsplit cdに収録されていた楽曲の再録も含む全10曲入り。大推薦盤です!