Hardcore Punk Melodic Emo Post rock Independent record shop from Okayama
ホームthrash, fast, 80's...HARM DONE / The first 3 years -discography- (cd) Stand for unity
商品詳細

HARM DONE / The first 3 years -discography- (cd) Stand for unity

販売価格: 1,620円 (税込)

再入荷!レーベル在庫無しですので、これがほんとに最期です!



French brutal death metalic power violence!HARM DONE!

フランスはナント産ハードコア!HARM DONEの2016年11月に敢行されるJapan tourに先駆けて、2013年の結成からこれまでにリリースされているep、プロモテープ、アルバム(全てStraight & alertからのリリース)の3作品全てをブチ込んだ編集盤cdが招聘元であるxkzmdxが立ち上げたレーベル、Stand for unityよりリリース!!!





00年代に消滅したかに思われたパワーバイオレンスを復活させて牽引したのはWeekend Nachosで間違いないと思う。強烈なビートダウンが特徴のサウンドスタイルはこれまでのパワーバイオレンスとは全く違うが、モダンなハードコアが行き過ぎたメタルやモッシュを強調するスタイルであることを考えると自然な流れかもしれない。そうやって紐解くと、今のパワーバイオレンス及びハードコアを構成する要素は「メタル」「モッシュ」「スピード」そして「ブルータル」だと思う。そして、そのスタイルを推し進めた結果、出現したのがHarm Doneではないだろうか。Harm Doneの一番の特徴は90年代型のデスコアサウンドだと思っていて、90年代のハードコアがメタルとブルータルの表現を競い合う実験によって生まれたサウンドスタイルを2010年代のメタルとブルータルの表現の実験として帰結した2010年型のデスコア。彼らがパワーバイオレンスやグラインドコアを主張しても、ブラストビートが当たり前の現代でそれを受け入れるのはなかなか難しい。しかし、そのデスコアとしか感じられないスタイルを飲み込めるのが現代のパワー
バイオレンスの大きな特徴と言えるのかもしれない。そして、先ほど挙げたパワーバイオレンスを構成する要素がモダンなハードコアと同じでそれらを強調している以上、トータルで2010年のハードコアサウンドを推し進めたスタイルとも言える。難しい ことを考えずに言えば、2016年に現代のハードコアを象徴するサウンドを知りたければHarm Doneを聴くのが一番の近道。Relapseまで登りつめた偉大なWeekend Nachosと比較するのは酷だけど、まだ一部のマニアにしか知られていないとはいえ広く支持されるポテンシャルを秘めていることを考えると、今、Harm Doneを聴くことは歴史の目撃者なのになれることかもしれない。
(千田正憲)



(収録曲)
-Abuse / Abused-
1.A Perpetual Wait
2.Sink Again
3.Drifting Away
4.Alone
5.Empire Of Dust
6.Abuse / Abused
7.XY Domination
8.Twice Rather Than Once
9.Two Worlds
10.Intro
11.Wall Of Stone
12.I Am The Mistake
13.Crooked Friendship
14.Big Mouth
15.No Authority But Mine
16.Bitter End
17.Blunder

-Hammer Tape '15-
18.Alone
19.Two Worlds
20.No Authority But Mine
21.Boiling Point(SSD COVER)

-Self Titled-
22.Intro
23.Lose The Life
24.Hammer Stomp
25.Harm Done
26.Me, Myself & I
27.Valueless Being
28.Let Down



16/10/15
17/01/31