Hardcore Punk Melodic Emo Post rock Independent record shop from Okayama
ホームjapanese altanative, psychedelic, rock, pop, acid folk...Twolow, SUNDAY BLOODY SUNDAY / split -Common destiny- (cd) Fixing a hole
商品詳細

Twolow, SUNDAY BLOODY SUNDAY / split -Common destiny- (cd) Fixing a hole

販売価格: 1,080円 (税込)
数量:

90年代のオルタナティブロック/ヘヴィロックの雰囲気を漂わせつつも単なる焼き直しに留まらず、型に捉われない唯一無二の音を鳴らしている2バンド、TwolowとSUNDAY BLOODY SUNDAYによる、それぞれへのリスペクトを込めて、お互いのカバーを含む4曲入りのスプリットcd!
広島のFixing a holeからのリリース!



1.Twolow - Border
2.SUNDAY BLOODY SUNDAY - Control / Regain
3.Twolow - Hole
4.SUNDAY BLOODY SUNDAY - Turning On





Twolow:
2013年に結成。
2014年9/21に初ライブ(Twolow企画 garlic Vol.1)を行う。
当初はトリオ編成だったが、2016年1/10のライブ(Twolow企画 garlic Vol.6)から渡辺(G)が加わり4人編成となる。
これまでの6回の自主企画ではSUNDAY BLOODY SUNDAYをはじめ、 athtenia/xerowound/sosite/SZKN/KENNY BAKER/Detrytus/DAWN/akutagawa/isolate/milkcow/ WOZNIAK/BB/AMBER FOUR/WHAT EVER FILM/STORM OF VOID/VVORLD/OSRUM、そして関東圏外からはDOIMOI/bed/zirconium/exogrindst等様々なジャンルのバンドを招集。
それ以外にも様々な企画にて精力的にイブを行う。
2015年に1stアルバム「Glutamic Acid」をSECRETA TRADESからリリース。
ヘヴィなノイズロックやポスト・グランジ期の骨太な雰囲気を軸に、オルタナ/スラッシュ/ブラックメタルやドゥーミーなテイストも投入しながらも、総じて「王道の“ロック”を感じさせる音」と評される。
2018年、このスプリットのレコ発(9/8@新宿dues)を最後に亀井(B)が脱退し、同日、新たに柴田が加入して初ライブを行う予定。



SUNDAY BLOODY SUNDAY:
2002年頃結成。埼玉の3ピースバンド。
メンバー脱退や何度かの活動休止はあったもののマイペースながら活動を継続、2016年に初の正式音源1stアルバム「S/T」をFixing A Holeからリリース。初回プレス分500枚のレーベル在庫を完売させる。
サウンドはヘヴィーなリフとうねるリズムに伸びやかでメロディアスなヴォーカルが乗るサウンドが特徴。
必然的に辿り着き、狙って創り上げた懐かしさと新しさが共存する現代版90’sへヴィーロックと言える。
これまでにGameface(US)、Monarch(French)、Dearly Beloved(Canada)、 Lizard Wizard(Australia)、Hobo Magic(Australia)、I Recover(Germany)や、 Fixing A Hole招聘のJoyriders、Protectors(ex-Chopper)、Southport(ex-Snuff)、Southpaw、Headsparks(ex-Gan/Servo)のUK勢など、 Doom~ストナー~ハードロック~インディーロック、ハードコア、メロディック、エモなど様々な国やジャンルのバンドをサポート。
2016年に1stアルバムのレコ発を新宿ナインスパイスで行い、この際にはTwolowも出演。
国内でも、Second To None主催FeDC2017/大阪に出演、KENNY BAKER主催のRise Above Fest 2017に出演し、ハードコア、デスメタル、グラインド、ストーナー、エモ、メロディック、ポストロックなど、様々なジャンルのバンドと共演している。