Hardcore Punk Melodic Emo Post rock Independent record shop from Okayama
ホームcoming soon... 5/24up!■予約商品■ MESSIAH DEATH / Invocated unholy tracks: the most complete collection of Messiah Death (2Lp) F.o.a.d.
商品詳細

■予約商品■ MESSIAH DEATH / Invocated unholy tracks: the most complete collection of Messiah Death (2Lp) F.o.a.d.

販売価格: 3,080円 (税込)
オプションにより価格が変わる場合もあります。
color::
数量:

■予約商品■
入荷次第の発送となります。

8月頃入荷予定⇒以降の発送予定となります。



*diehard beer yellow vinyl with blood-red splattering 3580yen
*black vinyl 3080yen




MESSIAH DEATH!!!!!

1986年結成、東京産極初期Death Metalバンドの一つ、MESSIAH DEATHの編集盤がアナログにてイタリアのF.o.a.d.よりリリース!
以前、Captured Recordsよりリリースしていた編集盤cdに収録されていた3本のデモテープ、1989年に神楽坂Explosionにて行ったライヴテイクに加えcdには未収録のアウトテイク、未発表ver等をボーナストラックで追加収録しLp、2枚組にてリリース!!!



以下cdリリース時のinfoより...

:::MESSIAH DEATHバイオグラフィー:::
1986年、MESSIAH DEATHの前身バンドであるCRIMINAL CHRISTが当時高校生であったリーダーでありVo&GのJun Kokuboを中心に結成。Hideaki Yamamoto(G)、Masahiro Nakagawa(Dr)、ベースには現NECROPHILE〜元MULTIPLEXのTakaaki Okumaが在籍していた。
1stデモテープ『CRYPTIC DOOM』を作成した後、テープトレードを介しBlackthorn、Violent Noize、D.F.T.Pと云った世界中のアンダーグランドメタルファンジンに紹介され、マニアより注目を集める。SLAYER、POSSESSED、DEATH等に影響を受けたサウンドであったが、Junがより過激なサウンドを求め、CRIMINAL CHRISTの活動を停止させて翌年の1987年にMESSIAH DEATHを結成。
JunとMasahiroの他、Ryota Sugishita(G)、Gota Mori(B)、ゲストVoにKoji Kuno(CRUCIFIXION)を迎え、1stデモテープ『Gore Of The Crucifix』を制作。テープトレーダーやメタルファンジンによりデモが世界中のアンダーグランドメタルシーンより好評価を受け、同時期に活動をしていたCRUCIFIXIONや名古屋のDEATHPEED、大阪のBELETH等と同様に日本初のデスメタルバンドとして認識された。翌年の1988年、2ndデモ『IMMORTAL KINDOM』を発表。
より過激なサウンドへと進化した。1989年、Ryoji Onozato(B)が加入。Gotaはギターへとシフトチェンジをし、3rdデモ『INVOCATED UNHOLY SOULS』をリリース。
演奏力、楽曲共に本人達が目標としたサウンドスタイルへの確立を成功させ、アンダーグラウンドシーンにて従来より更なる大好評を博した。翌年、メンバーの進学などにより脱退、活動停止となり、その後も数年間の活動の末に自然消滅を果たした。

結成当時、メンバーはDEATHRASH MAYHEMというメタルファンジンを作成しており、まだデモテープしかリリースしていない世界中のデスメタル、スラッシュメタルバンドと大量のコンタクトを取り、莫大な数のデモテープの紹介やインタビューを掲載していた。
現在では著名となっているバンドとも結成当時から交流を深めており、DEATH、MASSACRE、SEPULTURA、AUTOPSY、MORBID ANGEL、NAPALM DEATH、TERRORIZER、REPULTIONと云った今でも第一線にて活動中のバンドのデモやインタビューをいち早く日本に紹介していた事は、1987年と云った時代性からも彼等が活動していたバンドのサウンドと共に、ファンジン制作活動は歴史的に非常に価値の高い事だと思われる。
1stデモに参加をしていたKoji Kunoは当時中学生で、バンドがいち早く海外のアンダーグラウンドシーンに着目していた事は彼の影響が非常に大きく、Kojiは世界中のテープトレーダーと当時最前線の音源をトレードしており、その事実はBATHORYの3rdアルバム『UNDER THE SIGN OF THE BLACK MARK』のThanxリストに名を連ねていた事から、彼のアクティヴさが伺える。Kojiは現在、某有名歌手のプロデューサーとして活動し、Masahiroは医師、Junは沖縄に移住し、現地での第二の人生を歩んでいる。