Hardcore Punk Melodic Emo Post rock Independent record shop from Okayama
ホームdvd、 vhs、 zine、 goodsDAWN N°1.5 Survival Issue (book)
商品詳細

DAWN N°1.5 Survival Issue (book)

販売価格: 2,200円 (税込)
数量:

インディペンデント・ストリートカルチャーマガジン
『DAWN N°1.5 Survival Issue』

---------------------------------------------------------------------




増え続ける感染者数と不確実な情報が錯綜する毎日。この日々は一体いつまで続くのだろうか? 
ストリートカルチャーマガジンとして、昨年11月に創刊しお陰様で即完売。
続く第2号の制作途中で起こったパンデミックにより、本誌は発売延期を余儀なくされたものの、
世界を一変させた異常事態をカルチャーマガジンとして記録する必要に駆られた我々は、
特別号となる『DAWN N°1.5 Survival Issue』を完成させるべく新たな動きを開始しました。

2020年、新型コロナウィルスの発生を契機に混沌を極める世の中において、
カルチャーサイドから発信された記録をパックした『DAWN N°1.5 Survival Issue』。
創刊号の3倍のボリュームとなる全196ページ。アートディレクターはあの石黒景太がつとめる。
グレート・ザ・歌舞伎町が撮影した写真の上に、GUCCIMAZEのロゴが乗った表紙が目印。
さらに、GUCCIMAZEデザインのクリアステッカーも付録。


196項
A5変形
DAWNロゴクリアステッカー付き
(Designed by GUCCIMAZE)









CONTENTS are...

・Wannacry
photography by Kohei Kawatani

・Wet Pussy Life 2020
photography by Miyu Terasawa

・CONTENTS
graffiti by KANEVERDOSE

・No Peace No Love No Unity:Mars89
words by Ryo Isobe photography by Kohei Kawatani

・どの感覚を生かし、どの感覚を過去に置いていくか:マヒトゥ・ザ・ピーポー
words by Yuko Asanuma photography by Great the Kabukicho

・AKLO LIVE STREAMING
words by yaminoni

・オンライン化するライブ・パーティー - 無観客配信が光を当てたもの―2つの視点から
words by imdkm illustration by Tomoki Kurokawa

"BAD HOP WORLD 2020" IN 横浜アリーナ / VirtuaRAW / RAINBOW DISCO CLUB 2020 / FORTNITE & TRAVIS SCOTT presents “ASTRONOMICAL” / SEACRET SKY MUSIC FESTIVAL / DRIVE IN FESTIVAL / DOMMUNE / PROTEST RAVE FROM ISOLATION / 寛解の連続
words by Ryo Isobe, Kotsu, JACKSON kaki, Shin Futatsugi, imdkm, Kentaro Takaoka

・ロックダウンとカンナビス
words by Yumiko Sakuma illustration by wackwack

・CBDと大麻とHIP HOPのリアル:阿修羅MIC
words by Shin Futatsugi photography by Kohei Kawatani

・“夜の街”関連
photography by Great the Kabukicho

・声を上げること
words by Sailor Kannako Illustration by dokkoi

・ANGER
graphic by Masakazu Kitayama

・うちで怒ろう
words by isastagrammm illustration by Ohiana

・#STAYHOME100
tofubeats、SANTAWORLDVIEW、オカモトレイジ、Mars89、SEX Yamaguchi、SITE(Ghetto Hollywood)、浅沼優子、Wardaa、KIKI KUDO、GUCCIMAZE、VIDEOTAPEMUSIC、Lil’Yukichi、蒲谷健太郎、ShioriyBradshaw、スズキナオ、メテオ、坂脇慶、荏開津広、大石始、徳利、釈迦坊主、COMPUMA、ohiana、荒井優作、Masayoshi Iimori、草下シンヤ、末次亘、飯田昭雄、wackwackpress02、TONAN(ROCKASEN)、大澤悠大、食品まつり a.k.a foodman、大月壮、Nukeme、HouxoQue、KM、細倉真弓、磯部涼、Le Makeup、moriura、stei、CVN、imdkm、MA1LL、カトウリサ(Ribbon)、木澤佐登志、川谷光平、玉名ラーメン、BIM、CICCIO 、寺沢美遊、okadada、Sir Y.O.K.O.PoLoGod. 、吉岡加奈、サイプレス上野、PENNY-O、Qrion、Changsie、杉山峻輔、佐野活人(WALL&WALL)、セーラーかんな子、柳樂光隆、LIL MERCY(WDsounds)、Kotsu(CYK)、PUNPEE、ぽえむ、LONO3、北山雅和、G.RINA、宮崎岳史、國本快(バレアリック飲食店)、西田編集長、DIRTY DIRT、二木信、GREEN ASSASSIN DOLLAR、ぼく脳、佐久間裕美子、Erinam、鶴岡龍、GRADIS NICE、小嶋真理、Tasho Ishi、瀬下翔太、pootee、中原真也(Modern Twist Signs)、UMMMI. 、QN、YUA、B.D. / Killa Turner、Taboo1、KAJI(JOYTOWN TATTOO)、沖真秀、遠迫憲英、粗悪ビーツ、スポーツガーデンひ、SHINKNOWNSUKE、ANI(スチャダラパー)、HIBI BLISS、ZEN-LA-ROCK、DOZAN11

・20200315
photography by Mayumi Hosokura

・MY SPACE - LIL MERCY, MA1LL, 荒井優作, Ribbon

・アベノマスクのある風景
photography by takuya watanabe takuya styling by aoi industry model by Konida, Yua, Himawari, Andree

・サイケデリックの嗜み
words by Satoshi Kizawa

・メテオの原始生物は、腸しかない!
words by Meteor

・いい時間とお茶
words by Seiho photography by Mayumi Hosokura

・SHIZENTOMOTEL
photography by Great the Kabukicho

・感染者に聞く新型コロナウィルス闘病記
words by Kentaro Takaoka

・裏社会とコロナ
words by Shinya Kusaka illustration by Mashu Oki

・COVID-19 NEWS

・Black Lives Matterをより知るための推薦図書
words by Hiroshi Egaitsu

・Contributor

editor: Keisuke Ninomiya
contributing editor: Kentaro Takaoka
art director & design: Keita Ishiguro
design:Takashi Takamori
cover photo: Great the Kabukicho
logo design: GUCCIMAZE
printed in Japan