Hardcore Punk Melodic Emo Post rock Independent record shop from Okayama
ホームjapanese altanative, psychedelic, rock, pop, acid folk...岡茂毅 / パレードの幽霊 (tape+cdr+1badge) Zombie Forever
商品詳細

岡茂毅 / パレードの幽霊 (tape+cdr+1badge) Zombie Forever

販売価格: 1,050円 (税込)
再入荷!

岡山を拠点に、ケッチ、BOMB KETCH、とうめいロボのバンドなどにギターで参加する岡茂毅のカセット・テープが、近年カセット・テープを精力的にリリースし始めたことでおなじみの山形/東京のレーベルZombie Foreverよりリリース。
2010年頃から2013年までの間につくり、一人で多重録音した歌ものを中心にした全8曲(最期の曲のみペパーランドで演奏したインスト曲からの抜粋)。日常の中でぼんやり見え隠れするイメージの歌。初回版はカセットが聞けなくても安心のCDR、バッヂ(全8種類)1個付。

>>>レーベル特設ページ
http://qqqqqurage.exblog.jp/21568739/



■ZOMBIE FOREVERより
岡茂毅さんこと岡さんと初めて会ったのは2009年7月26日@三軒茶屋guruguru。『phew+山本久土』と『とうめいロボ』という痺れる対バンにQurageも混ぜてもらった時、"とうめいロボ"のギタリストとして参加していたのが今回テープをリリースさせてもらうことになった岡さんでした。その時のギターは忘れもしません。ちひろさんが糸を紡ぐように丁寧に唄うすぐ隣で超絶なギターソロを弾き散らしていたのですから。それも不思議とうるさくなく、空気と一体化した効果音のような音色。一瞬で思いました「このひと、やばい」と。なかなか見つからない"SSWにとってのギタリスト"という概念を確立させる存在だと思いました。そしてソロ音源「そのほとりで」を聴かせてもらったときの衝撃は今も覚えています。派手な曲/作品ではないものの"Maher Shalal Hash Baz"に通じる実験性、その上でしっかり唄い上げる歌声は日本語ロックの金字塔"はっぴいえんど"をも彷彿させるものでした。それでいてCITY POPを感じないところはやはり岡山という場所が関係しているようにも感じます。僕は山形、同じ地方出身として不思議と共感してしまうのは何処にも属さない確固たる決意のような孤独感。それを強く感じました。その後、岡山のレコ屋『DIG DIG』を手伝っている岡さんから連絡があり、ZOMBIE FOREVERの作品も委託してくれることに。レコ屋とレーベルのやりとりながら岡さんのレビューやメインでやっているバンドの活動は目を見張るものがあります。ゾンフォーのカセットテープシリーズに興味を示してくれたこともあり、おもいきって相談したところ、新しいソロ作品をリリースさせてもらえる運びとなりました。今は、自分にとって大きな意味を持つ「そのほとりで」という作品が終わると新しい作品「パレードの幽霊」が流れてきます。最初の一声に鳥肌が立ち、淡々と時間が過ぎていきます。岡さんの音楽に感じる孤独感はとても心地よく、時に遠く彼方へ置き去りにされてしまう恐怖感も同居していて、なんとも人間らしい作品だなと思います。ゑでぃまぁこん/羅針盤/山本精一/埋火 などが好きな方にオススメしたいです。


TRACK LIST :
side A
1. パレード
2. 小さな秘密
3. 夏の幽霊
4. むこう

side B
1. 三月の角笛
2. パレード
3. パズル
4. のこり

2014/02/21